パリジェンヌに見るイメージコンサルティング

皆さんお久しぶりです。

 

私はフランスでイメージコンサルティング の資格を取得し、現在パリでイメージコンサルタント として活動しているのですが、もともとパリのファッション、特に《パリジェンヌファッション》にとても興味を持っていました。

 

 

パリジェンヌといえば、

 

・トレンチコートをさらっと羽織り、

・レペットのバレエシューズを履いて

・メイクもナチュラル

 

といったイメージをお持ちではないでしょうか?

 

かくいう私もそのようなイメージを持っていました。

 

でも私が本当に好きで憧れたパリジェンヌファッションは、それらのアイテムを身につけている女性たち、ではなく

自分のスタイルを持って自立し、同時にとても女性らしい面を保有しているファッションでした。

 

ガイドブックや雑誌で紹介されるパリジェンヌの皆さんはみんな飾らない笑顔で、インタビューでは

 

「このワンピースのこの色がとても私らしいの!」

 

と誇らしそうに答えていました。

 

自分らしいアイテムをはっきりと答えられるその姿勢に強烈に憧れを抱いたのだと思います。

 

 

実際パリに来てみて感じたのは、本当に皆さん好みがはっきりしていることでした。

そして同時に自分の体型を熟知し、どこをどのように見せればスタイルがよく見えるかを知っていました。

 

また色の組み合わせ方が抜群に上手です。

黒やベーシックカラーが大好きなパリジェンヌですが、以外にのカラフルな色を使ったコーディネートもよく見かけます。

 

ここから少し色の理論の話になるのですが、色相環でいうと反対側の色同士の組み合わせは難しい分、ぐっとオシャレ度が上がる組み合わせになっています。

 

この色の円が色相環。

例えば赤色の反対側にあるのは緑ですよね。

 

赤のワンピースに緑のバッグを合わせたりできてしまうのがパリジェンヌ。

 

街中でこのコーディネートを見かけた時にハッとしました。

私はまだまだオシャレに規制をかけている...。

 

彼女たちはとても保守的かと思えば、いきなり大胆な組み合わせをして楽しんでいるように見えました。

 

でも大胆な色使いで遊べるのはどうしてか?というと、

やはりそこは《自分に似合う色を知っている》からではと。

 

先ほどの体型のこともそうですが、自身を持って私らしい!と言えるのは、

 

まず自分のこと(似合う色や骨格、体型)を熟知した上で好きなものを取り入れているからだと思います。

 

そう言われるとパリジェンヌの皆さんは自然に生活していく中で、セルフイメージコンサルティングをしてきたのでは?

(もちろんご自分の似合う色等を知らない人も大勢いるのは承知で)

 

 

とにかくイメージコンサルティング とパリジェンヌ、私の中では切ってもきれない関係のようです。